PR

【使用レビュー】ドッカトットで寝ない?危険?

ドッカトット
スポンサーリンク

はいたい!

慣れない育児で一番つらいのは睡眠不足ではないでしょうか。

ピカル
ピカル

赤ちゃんがよく寝てくれるといいなと思い、ドッカトット購入しました。

ママのお腹の中の作りを再現しているそうで、よく眠るとのウワサ。
みなさんの一番気になる部分ではないでしょうか。

結果的に、寝る子は寝る!寝ない子は寝ない!でした(笑)

娘はドッカトットでは寝ませんでしたが、二人目の息子はドッカトットでよく寝てくれました!

【追記】

結果として、ワンオペ2人育児(0歳&2歳)のための神アイテムでした!!

 

\1分で応募完了/

プレママ&ママ応援!無料プレゼントに加えて、抽選で電動自転車や人気調理家電も当たる、
Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン

スポンサーリンク

ドッカトットとは

ヨーロッパで誕生した、持ち運びのできるベビーラウンジ。
SNSでよく見かけるのでご存じの方も多いかと思います。

ピカル
ピカル

出産祝いにも人気ですよね!

赤ちゃんを寝かせてみると、キュっと少し窮屈にも見える構造ですが、お腹の中を再現していて赤ちゃんが安心して眠れるように作られています。

娘が退院した日からお世話になっています。

メリット

  • カバーが洗える
  • 軽量で持ち運びが簡単
  • 赤ちゃんが安心して眠れる

カバーが洗える

カバーが洗えるのは必須ポイント。

赤ちゃんはしょっちゅう吐いたり漏らしたりしますもんね。

公式HPにおしゃれなカバーがたくさんあります!

しかし、決してお安くはありません…。

ピカル
ピカル

替えのカバーは買わずに、元々ついているカバーを洗濯して使いまわしました!

軽量で持ち運びが簡単

軽量(1400g)かつ大きさも丁度いいので、持ち運びが簡単。

実家に帰るときにも気軽に持っていけました。

別売り専用ケースも販売されていますが、購入時に入っていたケースで十分です!

このケースに入ってきます。

持ち運びに問題ありませんでした!

赤ちゃんが安心できる

赤ちゃんを実際にドッカトットに寝かせてみるとわかるのですが、少し狭い構造になっています。

小粒な娘でもだんだんと窮屈そうになってきました。これがママのお腹の中を再現しているらしく、気持ち良く眠れるようになっているそうです

結果的に、寝る子は寝る(下の子)、寝ない子は寝ない(上の子)、となったドッカトットですが、本当に安心できるのか、2人とも日中ッカトットではご機嫌でいてくれました。

家事をしている間、ドッカトットでよく遊んでくれたので大助かりでした!

デメリット

  • 値段が高い
  • 使用期間が短い
  • 安全性について問題視されている

値段が高い

決してお安くはない!

ただ、毎日使用することを考えるとトータルで見てコスパはそこまで悪くはないかもしれません。

我が家は替えのカバーと専用トイは買いませんでした!

ピカル
ピカル

フリマサイトやレンタルを利用するのもアリだと思います◎

使用期間が短い

息子は寝がえりをよくするようになった5か月からは、転がれない!と嫌がりドッカトット卒業しました。

窮屈さが嫌で夜泣きをしていたようです💦

ドッカトットで寝かせるのをやめてから夜泣きも減りました。

ピカル
ピカル

たったの5か月で卒業しましたが、大活躍したので買ってよかったです!

安全性の問題

次項「ドッカトットは危険というウワサ」にもありますが、正しい使い方をすれば問題ないかと思います。

ドッカトットは危険というウワサ

【2022年12月追記】

ドッカトットについて、アメリカで注意喚起が出ています。
正しい使い方をすれば問題なく使用できますが、ご注意ください。

以下のポイントをおさえて、正しい使い方をすれば問題ないかと思います。

  • うつ伏せで寝かせない
  • 布団をかけない
  • ベビーベッドの中に入れて使用しない
  • 上に乗せたまま移動させない

SNSでベビーベッドの中にに入れて使用していたり、枕を使用していたりと危険だな~と思う写真をよくみかけます…><

また、公式HPには「正しい位置で使用すると、赤ちゃんがベッドの上で転がるのを防止します。」との記載がありますが、実際使ってみて寝返りをするようになったら使用は控えたほうがいいかと思います。

実際に使用してみて

日中の使用例

とりあえずアーチをつけてみた。

↑生後2か月の娘パインちゃん

持っているおもちゃを色々と付け替えて、飽きさせないよう工夫しました。

専用のトイセットは買わずに、手持ちのおもちゃをいろいろと付け替えていました。

アーチにぶら下がっているおもちゃに話しかけたり手を伸ばしたりなんだか楽しそう。

日中起きているときはドッカトットで過ごしていましたが、ひとりでおもちゃでご機嫌に遊んでいました。

その点では非常に助かりました。

添い寝が可能になった

添い寝が出来て家族みんなで川の字で寝られるのでそれだけで幸せアイテムです。

帝王切開の傷が痛み、自分が起き上がるのにもとても時間がかかり、ベビーベッドに赤ちゃんの様子を見にすぐにいけない状態。

赤ちゃんが泣いても思うようにすぐ対応することができませんでした…。

そこでマットレスの上にドッカトットを乗せて添い寝チャレンジ。

添い寝をすることでママの近くにいるという安心感からか、ぐっすり眠るようになったのです★

ピカル
ピカル

隣で赤ちゃんの様子をすぐ確認できるので安心でした!

もし夜中起きてしまっても、すぐに横でトントンしてあげるとまたスヤスヤ眠りました。

セルフねんねができるようになった

ドッカトットと相性のいい息子は、新生児からずっとセルフねんねをしています。

おむつを替え、お腹を満たし、おくるみでお雛巻き(モロー反射対応)をしてからドッカトットに置くと、だいたいそのまま寝ます。

少しぐらいの泣き声には、横で優しくトントンすると寝てくれます。

抱っこしてゆらゆら、やっとこさ寝かしつけて、息を殺しながらそーっとそーっと置いたのに起きてしまった!一人目の時はその繰り返しでした。

ピカル
ピカル

背中スイッチと戦っていたあの頃の自分に教えてあげたい…

モロー反射予防は結構重要で、体をびくっとさせて起きちゃうことが多い息子ですが、ぎゅぎゅっとお雛巻きにしておけばまずモロー反射で起きることはありません。

でもお雛巻きって結構難しいし、夜中寝ぼけながらだと手こずることが多いので、奇跡のおくるみという口コミの良いスワドルアップを試してみればよかったなと思います。

実用的なものなので、プレゼントにもいいと思います◎

まとめ

・寝る子は寝る、寝ない子は寝ない

・相性のいい子にはセルフねんねまでしてくれる神アイテム

・替えカバーやアクセサリー類を含め、値段が高い

・フリマサイト活用もあり

タイトルとURLをコピーしました